『千客万頼』は、持病など健康に不安がある人のための終身保険ですが、医療保険としても使えます。

健康なうちは、保険の必要性を感じなかったかもしれません。 それが、健康に不安を覚えるようになって、保険のことが気になり始める、ということがあります。

検討に先立って、いろいろ心配になると思います。

  • 自分の健康状態で保険に加入できるのか?
  • 加入できるとして、保険料はいくらぐらいになるのか?
  • 保障にいろいろ制限があるのではないか?

などなど心配になってしまうかもしれません。

多くの保険会社が、引受基準緩和型医療保険を販売

そんな人たちのために、多くの保険会社が、引受基準緩和型医療保険を販売しています。

持病や既往症(今は治っているが、以前重い病気にかかった)がある人向けに、加入の基準が緩和された医療保険です。

ただし、一般の医療保険より、保険料は高めになっています。保険会社にとっては、給付金を支払う危険性が高くなるので、保険料を高くするのは仕方がありません。

気がかりなのは、わたしたちにメリットがあるのか?ということです。

『千客万頼』は、引受基準緩和型医療保険としても使える

住友生命は明治21年創業で、日本生命や明治安田生命や第一生命などと同じ、伝統ある生保会社で、日本を代表する金融機関の一つです。

このタイプの生保会社の例にもれず、セールスレディによる保険販売が中心で、保険料は高めです。

住友生命は、引受基準緩和型医療保険そのものは販売していません。ここで採り上げている『千客万頼』の正式名称は、限定告知型終身保険です。

しかし、限定告知型医療特約限定告知型入院保障充実特約等を付けると、立派に医療保険として通用します。

住友生命『千客万頼』の仕組み図

また、死亡保険金は、20万円程度の少額の設定が可能です。死亡保険金を低くすれば、実質的に医療保険になります。

他社の引受基準緩和型医療保険には、死亡保障が組み込まれているものが、いくつかあります。それらと違いはありません。

さて、この商品は頼りにできる保険なのか?
加入の基準、保障内容、保険料を、以下でチェックしていきます。


『千客万頼』には、誰でも入れるわけではありません。加入の条件は、やや厳しいです。

『千客万頼』は、加入を認める条件を緩和していますが、無条件にしているわけではありません。

『千客万頼』に申し込める条件

『千客万頼』に申し込める条件は以下です。加入できる条件ではなく、申込できる条件です。
これらをクリアしても、加入できるとは限りません。

50~75歳である

この商品に加入できるのは50歳からです。

他社の引受基準緩和型医療保険だと、20歳とか30歳から加入できます。それらと比べると、年齢範囲は狭いです。
主契約が終身保険であることが、影響しているのでしょう。

現時点で、がんまたは肝硬変と診断されてない、疑いを指摘されてない

がんには、肉腫、白血病、悪性リンパ腫を含みます。

今後3ヵ月以内に、入院または手術の予定はない

医師に入院・手術をすすめられている、または相談している場合も、「予定」に含みます。また、検査入院や、軽微な手術も「手術」に含まれます。

「今後3ヵ月以内の予定」という条件は、他社と比べると珍しいです。もっとも、この条件が加わったからといって、他社より条件が厳しくなるわけではなさそうです。

2年以内に入院・手術を受けていない

入院、手術のとらえ方は、上と同じです。検査入院や、レーザー治療(手術)、内視鏡手術、カテーテル手術など、負担の軽い手術も含めます。

過去5年以内に、がんで入院または手術をしたことがない

がんには、肉腫、白血病、悪性リンパ腫を含みます。また、入院、手術のとらえ方は、上と同じです。

過去5年以内というのは、他社と比べて、やや厳しい条件です。

過去に要介護・要支援の認定をうけたことがない

公的介護保険制度が前提なので、40歳未満の方は、この条件を無視できます。

医療保険としては、基本的な機能に限定

『千客万頼』の、医療保険としての機能を、同社の一般向けの医療保険『ドクターGO』と比較しました。
〇は主契約で対応、△は特約を付加すれば対応可能、×は対応していない、を表しています。

千客万頼 ドクター
GO
入院給付金
入院一時金
手術給付金
放射線治療給付金 ×
がん、生活習慣病対策 ×
女性特有の疾病対策 ×
就労不能対策 ×
先進医療 ×
健康祝金
死亡保険金 ×

なお、『千客万頼』の給付金は、加入後1年以内は、契約の金額の半額になります。これは、他社の引受基準緩和型医療保険でも同じです。

上表を見ると、『千客万頼』の列は×が多いので、ガッカリされるかもしれません。しかし、『千客万頼』に医療関係の特約を付ければ、医療保障の基本は充たせます。
むしろ、比べた相手、『ドクターGO』の機能が豊富です。

とは言え、医療保険としての『千客万頼』の機能が、基本的なものに限定されていることも、事実です。
他社の引受基準緩和型医療保険と比べても、『千客万頼』の機能はやや狭いです。


『千客万頼』の保険料は割高です。他社の引受基準緩和型医療保険を検討しましょう。

引受基準緩和型の医療保険は、確実に保険料が高くなります。では、『千客万頼』の場合は、どの程度高くなるのでしょう。

2つの、引受基準緩和型医療保険との、保険料比較

『千客万頼』は、終身保険を主契約としており、また健康祝金という独自の仕組みを持っています。

他社で、同じ仕組みの商品は、数少ないです。
また、マイナーな商品と比較しても、保険料が高いのか安いのか、判断しかねます。

そこで、死亡保険の特約を付けられる、2つの引受基準緩和型医療保険と、保障内容をできる範囲で近づけて、保険料を比較します。

比較する3商品の保障プラン

『千客万頼』と比べるのは、2つの、人気の引受基準緩和型医療保険です。
医療保険売上NO.1アフラックの『ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER』と、専門家から評価の高いオリックス生命『新キュア・サポート』です。

それぞれ、下表のような保障内容で、保険料を見積もります。

千客万頼
  • 入院給付金日額7,000円
  • 入院一時金30,000円
  • 手術給付金70,000円
  • 運動器損傷給付金額50,000円
  • 健康祝金20,000円
  • 死亡保険金20万円
アフラック
  • 入院給付金日額10,000円
  • 手術給付金100,000円
  • 先進医療通算2,000万円
  • 死亡保険金50万円
オリックス生命
  • 入院給付金日額10,000円
  • 手術給付金100,000円
  • 死亡保険金50万円

アフラック『ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER』とオリックス生命『新キュア・サポート』は、『千客万頼』より保障の品数は少ないですが、そのかわり、メインの入院給付金と死亡保険金は大きくしました。

改めて見ると、アフラックとオリックス生命の方が、手厚く思えます。

保険料の比較

50歳の男性、女性の月払い保険料をご覧ください。

男性 女性
千客万頼 12,904円 11,450円
アフラック 9,872円 9,276円
オリックス生命 9,963円 8,443円

アフラックとオリックス生命の保障は、『千客万頼』より、入院給付金日額で3,000円、死亡保険金で30万円も手厚いです。それでも保険料は、『千客万頼』の方が、月あたり2,000~3,000円も高くなりました。

これだけの差があると、住友生命『千客万頼』を、お勧めしにくいです。

『千客万頼』をご検討でしたら、他社の医療保険を、強くお勧めします。

『千客万頼』をご検討でしたら、ぜひこちらの医療保険も、検討対象に加えてください。

医療保険は、いったん加入したら、長く続ける保険です。保険料の安さだけでなく、信頼感、安心感も大切です。『千客万頼』には、国内大手の住友生命の商品、という安心感があります。

保険料は安いけど、知名度の低いカタカナ生保や損保系生保は、その点で不安に思われるかもしれません。

しかし、カタカナ生保や損保系生保の中にも、しっかり実績を積み重ねている会社、強力な後ろ盾(だて)を持つ会社があります。

アフラック『ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER』

アフラックは、外資系の企業ですが、1974年から日本で営業しています。数多くの代理店を抱えるほか、日本郵政、第一生命、大同生命などと提携するなど、強力な販売網を構築しています。
その結果、医療保険とがん保険の売上は、日本国内No.1です。

そんなアフラックの引受基準緩和型医療保険が『ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER』です。

入院前後の通院、先進医療、三大疾病での一時金などの特約が用意されており、『千客万頼』より実用的で充実しています。

オリックス生命『新CURE Support(キュア・サポート)』

オリックス生命は、多角的に事業展開するオリックス・グループの生命保険会社です。
シンプルでわかりやすい商品内容と、手ごろな保険料設定が、オリックス生命の魅力です。

そんなオリックス生命の人気商品、医療保険『新CURE』の引受基準緩和型が、『新CURE Support(キュア・サポート)』です。

もっとも、『新CURE Support(キュア・サポート)』は、他社の引受基準緩和型医療保険と比べて、保障の品ぞろえの点でも、見劣りしません。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り ハート』

社名からわかる通り、日本を代表する損害保険会社、損保ジャパン日本興亜のグループ会社です。

そんな損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の、引受基準緩和型医療保険が『新・健康のお守り ハート』です。

他社商品と比べたときの、『新・健康のお守り ハート』の強みは、標準で組み込まれている手術給付金が手厚いこと。手術の内容によって、最大で40万円の一時金が出ます。

手術給付金は、請求手続きを急げば、入院中でも受け取ることができます。それだけ使い勝手が良いです。

ネオファースト生命『ネオdeいりょう健康プロモート』

ネオファースト生命の名前を聞かれたことは、無いかもしれません。まだ設立から短い会社ですが、第一生命グループ100%の保険会社です。

その商品は、保険代理店、保険ショップ、金融機関などで販売されており、保険料は第一生命本体より割安です。

『ネオdeいりょう健康プロモート』の魅力は、以下の2点です。

  • 健康割引特則が設けられている。
  • 加入から1年間の、給付金削減がない。

健康体割引は

そもそも医療保険でも珍しいですが、ネオファースト生命は引受基準緩和型でも健康体割引を実現しています。
割引が適用になれば、業界トップレベルの安さになります。

もちろん、割引になるには、条件をクリアしなければなりません。
その条件とは、契約日から5年間で、この医療保険から入院給付金をもらった入院日数が、病気入院、ケガ入院とも5日未満、というものです。

加入から1年間の給付金削減は

ほとんどの引受基準緩和型医療保険で実施されています。たいていは、加入から1年以内に限り、給付金の金額が半減されます。
ところが、『ネオdeいりょう健康プロモート』には、その削減期間がありません。

メットライフ生命『フレキシィゴールドS』

メットライフ生命は、アメリカ合衆国最大の生命保険会社メットライフの日本法人です。

メットライフ生命は、『フレキシィS』という医療保険のシリーズを展開していますが、その中の引受基準緩和型医療保険が『フレキシィゴールドS』です。

『フレキシィゴールドS』の魅力は2つありすま。

  • 加入の条件が、少しだけ他社よりゆるやか。
  • 加入後1年目から、給付金を全額もらえる。

持病・既往症がある人向けの医療保険は、何かと制限が多いだけに、この2点はセールスポイントです。


専門家に相談しながら、主要な医療保険の見積もりを実際に比較できるのは、保険ショップです。

医療保険にいったん加入したら、数十年にわたって継続する可能性があります。それだけに選択を誤ったら損害は大きくなります。納得して選んでいただきたいです。

医療保険を検討するときは、家計や公的制度や税金や医療などの知識が必要になります。専門家を使って疑問を解消しながら、おもな商品の見積もりを比較して、もっとも自分に合ったものを選びたいです。

また、保険を販売する人たち(保険会社のセールス、金融機関の窓口、保険ショップ、FP、保険代理店・・・)は、こちらの希望をはっきり表明しないと、販売手数料の高い商品を勧めてきます。
勧められるがままに加入するのではなく、見積もりを比較して、ご自分にとってベストな商品を選んでください。

保険ショップをお勧めするのは、取り扱える商品数の多さゆえ

全国チェーンの保険ショップをお勧めする理由は、単純明快です。

お勧めできるすべての医療保険を、一つの店舗で取り扱っています。お近くの店舗に行けば、お勧めの医療保険の見積もりを、一気に比較できます。

保険ショップと一口に言っても、チェーンによって、取り扱うことのできる保険会社数は異なります。
でも、このサイトでお勧めしている医療保険を、すべてのチェーンが取り扱っています。
ということは、予約して訪問すれば、見積書を一通り入手できます。保険ショップ以外では、こうはいきません。

お近くの全国チェーンの保険ショップをご存知でしょうか。
下をクリック(タップ)すると、主な全国チェーンの保険ショップを検索し、予約の申し込みもできます。約30秒でできます。もちろん無料です。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。