『新キュア・サポート』は、持病など健康に不安がある人のための医療保険です。

健康なうちは、保険の必要性を感じなかったかもしれません。 それが、健康に不安を覚えるようになって、保険のことが気になり始める、ということがあります。

検討に先立って、いろいろ心配になると思います。

  • 自分の健康状態で保険に加入できるのか?
  • 加入できるとして、保険料はいくらぐらいになるのか?
  • 保障にいろいろ制限があるのではないか?

などなど心配になってしまうかもしれません。

多くの保険会社が、引受基準緩和型医療保険を販売

そんな人たちのために、多くの保険会社が、引受基準緩和型医療保険を販売しています。

持病や既往症(今は治っているが、以前重い病気にかかった)がある人向けに、加入の基準が緩和された医療保険です。

ただし、一般の医療保険より、保険料は高めになっています。保険会社にとっては、給付金を支払う危険性が高くなるので、保険料を高くするのは仕方がありません。

好調オリックス生命の引受基準緩和型医療保険

日銀のマイナス金利政策以降、伸び悩む生保会社が多い中、オリックス生命は魅力ある商品を提供して、好調を維持しています。

そんなオリックス生命の引受基準緩和型医療保険が『新キュア・サポート』です。

この商品は頼りにできる医療保険なのか?
加入の基準、保障内容、保険料を、以下でチェックしていきます。


『新キュア・サポート』には、誰でも入れるわけではありません。

『新キュア・サポート』は、加入を認める条件を緩和していますが、無条件にしているわけではありません。

というか、加入の条件はわりと細かく指定されています。

『新キュア・サポート』に申し込める条件

『新キュア・サポート』に申し込める条件は以下です。加入できる条件ではなく、申込できる条件です。

  • 現在入院中ではない。
  • 3ヵ月以内に、入院・手術・検査を勧められたことがない。
  • 3ヵ月以内に、がん(上皮内新生物を含む)・慢性肝炎・肝硬変で、診察・検査・治療・投薬を受けてない。
  • 2年以内に、入院をまたは手術をうけたことがない。
  • 5年以内に、がん(上皮内新生物を含む)で、入院または手術をうけてない。

入院には、教育入院や検査入院も含まれます。

また、手術は、切開術、帝王切開、内視鏡、レーザー、体外衝撃波療法(ESWL)、カテーテル、放射線等を含みます。

2年以内の入院・手術には、病名や治療法などの制限が設けられていません。あらゆる入院・手術が対象になります。
申込できる条件は、けっこうか厳しいです。

ただ、他社でもこのような制限を設けている例は多く、オリックス生命が特に厳しいとは言えません。

引受基準緩和と言いながら、条件はけっこう厳しいです。

保障は、一般の医療保険と同等レベル

『新キュア・サポート』の保障内容を、同社の一般向けの医療保険『新キュア』と比較しました。

下線が、保障の違うところです。

入院給付金日額
新キャア 5,000円または10,000円
新キュア・サポート 上と同じ。ただし、加入後1年以内は半額
入院給付金の日数制限
新キャア 通常は60日まで。七大生活習慣病は120日まで。三大疾病は無制限。
新キュア・サポート 通常は60日まで。七大生活習慣病と三大疾病での日数延長の有無を選べる。
手術給付金
新キャア 入院中の手術は、入院給付金日額の20倍、通院の手術は5倍。
新キュア・サポート 入院中の手術は、入院給付金日額の10倍、通院の手術は5倍。加入後1年以内は半額
特約
新キャア
  • 先進医療特約
  • 重度三疾病一時金特約
  • がん一時金特約
  • がん通院特約
新キュア・サポート
  • 先進医療特約
  • 重度三疾病一時金特約
  • がん一時金特約
  • 終身保険特約(死亡保険金)

どの給付金も、加入後1年以内は、契約の金額の半額になります。

両社の違いの中で目につくのは、入院手術での手術給付金が、『新キュア・サボート』では半減しているところです。

『新キュア』の手術給付金は、入院給付金日額の20倍となっていますが、この20倍というのは、他社より手厚い保障です。
『新キュア・サボート』の10倍という金額設定は、他社並みです。手薄ということはありません。

それ以外では、『新キュア』と『新キュア・サボート』で、大きな違いはありません。


保険料はそれなりに高くなります。保険に入るのが損か得かを、納得して決めてください。

引受基準緩和型の医療保険は、確実に保険料が高くなります。『新キュア・サポート』の場合は、どの程度高くなるのでしょう。

オリックス生命の、一般的な医療保険との、保険料比較

入院給付金5,000円、終身払込、先進医療特約付加での、女性の月々の保険料です。

なお、オリックス生命の一般向け医療保険『新キュア』には、三大疾病と七大生活習慣病のときに、保障する入院日数を延長する機能が、標準で組み込まれています。

一方、『新キュア・サポート』では、日数延長機能を付け外しできます。この機能を付けたときの保険料と、外したときの保険料の両方を載せています。( )内の数字が、外したときの保険料です。

新キャア 新キュア
サポート
40歳 2,022円 3,506円
(3,086)
50歳 2,772円 4,386円
(3,731)
60歳 4,007円 5,761円
(4,711)

引受基準緩和型は、1ヵ月に1,500~1,700円くらい高くなります。毎月のことですから、けっこうな差です。
ただし、( )の金額なら、その差は小さくなります。

ちなみに、特約を増やすと、価格差はもっと広くなります。

生涯に払う保険料は、150~200万円

上の保険料で『新キュア・サポート』に加入して、平均寿命の87歳まで生きたときの、保険料総額は下のようになります。
( )内は、保障される入院日数が延長されないときの保険料累計です。

加入年齢 生涯の保険料総計
40歳加入 1,977,384円
(1,740,504)
50歳加入 1,947,384円
(1,656,564)
60歳加入 1,866,564円
(1,526,364)

三大疾病と七大生活習慣病のときに、保障される入院日数を延長するプランなら、180~200万円くらいの範囲です。
保障される入院日数を延長しないプランなら、150~175万円くらいの範囲です。

必要か不要かを判断するポイント

引受基準緩和型の保険料が高くても、生涯にかかる入院費用がそれより高くつくのなら、加入する意味はあります。

ただ、自分の将来の医療費負担がどのくらいになるかは、やってみなければわかりません。

国民平均では、加入しない方がトク

厚生労働省『医療給付実態調査』(平成26年度)によると、40~89歳にかかる入院費用の推計は約136万円です。

他に、医療費に関連する出費には、通院費用と健康保険料があります。
医療保険のメインは入院保障なので、入院費用が判断の基準になります。

引受基準緩和型の保険料累計は、136万円を軽く超えています。これだったら、加入しない方が、トクになりそうです。

不安の大きさや預貯金とのバランスで判断

しかし、現実的に考えると、そんなに単純ではありません。

まず、引受基準緩和型の医療保険を検討する方は、健康面で不安を抱えています。
そういう方が、国民平均を基準に判断して、安心できるのか、ということが気になります。

というか、そもそも保険というものは、想定を超える"万が一"に備えるものです。発生確率が多少でもあるのなら、それを無視することはできません。

また、これから預貯金等で入院費用を貯めるとしたら、まとまった金額になるまでに期間を要します。それまでに、重い病気になって、長く入院する危険があります。

持病や既往症をお持ちなら、この先しばらくは病気にならない、と楽観的に構えるわけにはいかないでしょう。
近々入院することになったとして、預貯金等で不安があるなら、医療保険をご検討下さい。


『新キュア・サポート』と、比較していただきたい医療保険を、ご案内します。

現在では、複数の保険会社が、『新キュア・サポート』と同じような引受基準緩和型医療保険を販売しています。

その中から、比較していただきたい商品をご案内します。

朝日生命『スマイルメディカルワイド』

朝日生命が、保険代理店、保険ショップ、金融機関向けに供給している医療保険『スマイルメディカル』シリーズの、引受基準緩和型です。

もちろん、保険料は、オリックス生命などと同じく割安な設定になっています。というか、むしろ、カタカナ生保・損保系生保と比べても、がんばった価格設定になっています。『スマイルメディカルワイド』は、保障内容の組み方によっては、業界トップクラスの安さになります。

この商品の保険料以外の魅力は、他社に比べて、加入を引き受けるための基準が緩やかであること。既往症や治療歴については、過去2年分のみの告知でOKです。

たとえば、5年前にがんの手術を受けていたとしても、その後問題が無ければ、申込できます(すんなり加入できるとは限りませんが・・・)。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り ハート』

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険『新・健康のお守り』の、引受基準緩和型です。

『新・健康のお守り』はとても多機能な商品ですが、引受基準緩和型の『新・健康のお守り ハート』はシンプルです。特約は2つだけ。

主契約の中に、先進医療の保障や、三大疾病による入院の日数無制限保障が取り込まれています。
これらが不要な人には、余計なお世話になってしまいます。
とは言え、保障内容のわりに、保険料の設定には割安感があります。

手術給付金が、重大手術のときに、入院給付金日額の40倍になっています。他社と比べて大きいです。この点も魅力です。

ネオファースト生命『ネオdeいりょう健康プロモート』

ネオファースト生命の名前を聞かれたことが無いかもしれません。まだ設立から短い会社ですが、第一生命グループ100%の保険会社です。

その商品は、オリックス生命などと同じく、保険代理店、保険ショップ、金融機関などで販売されており、保険料は割安です。

『ネオdeいりょう健康プロモート』の魅力は、以下の2点です。

  • 健康割引特則が設けられている。
  • 加入から1年間の、給付金削減がない。

健康体割引は

そもそも医療保険でも珍しいですが、ネオファースト生命は引受基準緩和型でも健康体割引を実現しています。
割引が適用になれば、業界トップレベルの安さになります。

もちろん、割引になるには、条件をクリアしなければなりません。
その条件とは、契約日から5年間で、この医療保険から入院給付金をもらった入院日数が、病気入院、ケガ入院とも5日未満、というものです。

加入から1年間の給付金削減は

ほとんどの引受基準緩和型医療保険で実施されています。たいていは、加入から1年以内に限り、給付金の金額が半減されます。
ところが、『ネオdeいりょう健康プロモート』には、その削減期間がありません。

メットライフ生命『フレキシィゴールドS』

メットライフ生命は、アメリカ合衆国最大の生命保険会社メットライフの日本法人です。

メットライフ生命は、『フレキシィS』という医療保険のシリーズを展開していますが、その中の引受基準緩和型医療保険が『フレキシィゴールドS』です。

『フレキシィゴールドS』の魅力は2つありすま。

  • 加入の条件が、少しだけ他社よりゆるやか。
  • 加入後1年目から、給付金を全額もらえる。

持病・既往症がある人向けの医療保険は、何かと制限が多いだけに、この2点はセールスポイントです。


専門家に相談しながら、主要な医療保険の見積もりを実際に比較できるのは、保険ショップです。

医療保険にいったん加入したら、数十年にわたって継続する可能性があります。それだけに選択を誤ったら損害は大きくなります。納得して選んでいただきたいです。

医療保険を検討するときは、家計や公的制度や税金や医療などの知識が必要になります。専門家を使って疑問を解消しながら、おもな商品の見積もりを比較して、もっとも自分に合ったものを選びたいです。

また、保険を販売する人たち(保険会社のセールス、金融機関の窓口、保険ショップ、FP、保険代理店・・・)は、こちらの希望をはっきり表明しないと、販売手数料の高い商品を勧めてきます。
勧められるがままに加入するのではなく、見積もりを比較して、ご自分にとってベストな商品を選んでください。

保険ショップをお勧めするのは、取り扱える商品数の多さゆえ

全国チェーンの保険ショップをお勧めする理由は、単純明快です。

お勧めできるすべての医療保険を、一つの店舗で取り扱っています。お近くの店舗に行けば、お勧めの医療保険の見積もりを、一気に比較できます。

保険ショップと一口に言っても、チェーンによって、取り扱うことのできる保険会社数は異なります。
でも、このサイトでお勧めしている医療保険を、すべてのチェーンが取り扱っています。
ということは、予約して訪問すれば、見積書を一通り入手できます。保険ショップ以外では、こうはいきません。

お近くの全国チェーンの保険ショップをご存知でしょうか。
下をクリック(タップ)すると、主な全国チェーンの保険ショップを検索し、予約の申し込みもできます。約30秒でできます。もちろん無料です。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。