メディケア生命は、目的にごとに、6つの医療保険を提供しています。

メディケア生命は、以下の6つのタイプの医療保険を提供しています。ニーズに合わせて選んでください。

メディフィットA
老若男女を幅広く保障する、標準タイプの医療保険。
メディフィットA女性専用パック
メディフィットAをベースに、女性がかかりやすい病気・ケガに配慮した医療保険。
メディフィットRe
持病や既往症があるなど、健康に不安のある人のための医療保険。
メディフィット リターン
保険料の全額もしくは全額超が戻ってくる医療保険。
メディフィットPlus
特定8疾病や特定3疾病で、一時金が出る医療保険。
メディフィット医療定期
病気・ケガによる入院・手術などを、期間限定で保障する医療保険。

このページでご案内するのは、すべての商品のベースとなっている『メディフィットA』です。


メディケア生命『メディフィットA』の特徴を、ポイントを絞ってまとめました。

メディケア生命の医療保険『メディフィットA』の特徴は、以下の通りです。

主契約で手厚い入院保障を提供する

他社と比較して、主契約の入院保障が手厚くなっています。

  • 3大疾病により入院は、日数無制限の保障。
  • 7大生活習慣病すべても、日数無制限にできる。
  • 手術給付金の給付額は、2パターンの中から選択できる。
  • 骨髄移植給付金、放射線治療給付金がある。

他社の医療保険でも、特約を付加することで、『メディフィットA』に近い保障を設計することは可能です。とは言え、入院保障の手厚さでは、『メディフィットA』が一歩リードしている印象です。

気をつけてほしいのは、シンプルな保障をお望みの方です。主契約に組み込まれている保障を取り外すことはできません。

以下で、保障される入院日数を延長する仕組みと、手術給付金の仕組みについて、補足説明します。

保障される入院日数を延長できる2つの特則

たいていの医療保険では、保障される入院日数を、60日か120日に指定できます。
そのうえで、特約を付加することで、三大疾病など特定の入院のときに、この日数を延長できます。

メディケア生命『メディフィットA』も、60日か120日かを指定できるところは同じです。
ただし、特定の入院で、保障される日数を延長する仕組みに、特徴があります。

主契約の中で、「3大疾病入院無制限給付特則」と「7大生活習慣病入院無制限給付特則」のいずれかを、選べるようになっています。

メディケア生命『メディフィットA』3大疾病入院無制限給付特則

3大疾病入院無制限給付特則」を選ぶと、3大疾病のときに、保障される日数は無制限に延長されます。

3大疾病を除く7大生活習慣病のときには、一般の入院での保障日数に、60日間プラスされます。
一般入院が60日なら120日に、120日なら180日に、それぞれ保障される日数が延長されます。


メディケア生命『メディフィットA』7大生活習慣病入院無制限給付特則

7大生活習慣病入院無制限給付特則」を選ぶと、さらに入院保障が充実します。

3大疾病でも、それ以外の7大生活習慣病のときでも、保障される入院日数は、無制限に延長されます。

その分、保険料も少し高くなります。

手術給付金の給付額は、2パターンのどちらかを選べる

たいていの医療保険では、入院給付金(入院日数に応じて出る給付金)とは別に、手術給付金(手術1回あたりで出る給付金)も、主契約に組み込まれています。

医療保険の手術給付金の、金額の範囲をパターン分けすると、図の5パターンに分かれます(細かなところは、商品によって異なります)。

『メディフィットA』では、図の一番上か、一番下かの、いずれかを選べるようになっています。
つまり、手術給付金を手厚くするプランと、簡素にするプランの、どちらかを選ぶことができます。

入院給付金日額を5,000円にした場合、手術給付金はより手厚い一番上のプランにしておきたいです。

カタカナ生保・損保系生保としてはやや高い保険料

できるだけシンプルな保障内容で、他社と保険料を比べました。

比較したのは、国内シェア上位(=国内でよく売れている)のアフラックとメットライフ生命、そして損保系を代表して損保ジャパン日本興亜ひまわり生命です。
入院給付金日額5,000円の、女性の月払い保険料です。

30歳 40歳 50歳
メディケア生命 1,470 1,880 2,685
アフラック 1,560 1,875 2,675
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 1,712 1,732 2,342
メットライフ生命 1,525 1,850 2,490

業界トップのアフラックは、主契約を厚くしているタイプで、メディケア生命『メディフィットA』と似ています。保険料も近い金額です。

主契約が厚い医療保険は、年齢が上がるにつれて、保険料が他社より高くなりがちです。『メディフィットA』にもその傾向が表れています。

保障内容が厚めなので、割高というわけではありません。ただ、必要最小限の保障を希望している方には、向いていません。

特約は一通りそろっている

保障をより厚くする特約は、10タイプ用意されています。各社の医療保険の中では、特約の数はやや多いです。

  • 先進医療特約
  • 入院一時給付特約
  • 通院治療特約
  • 7大生活習慣病入院特約
  • 女性疾病入院特約
  • がん入院特約
  • 抗がん剤(腫瘍用薬)治療特約
  • がん診断特約
  • 3大疾病保障特約
  • 3大疾病保険料払込免除特約

10の特約のうち、6つは三大疾病にかかわりがあります。

医療保険で、がんや三大疾病に手厚く対策したい、という方には、有力な選択肢の一つです。


メディケア生命は、国内大手住友生命の100%出資会社です。知名度は低くても、安心感は高いです。

古い歴史を持ち、日本の生命保険業界をリードしてきた国内大手生保の一つに、住友生命があります。

住友生命は、昔ながらのセールスレディによる販売体制を保ちながら、その一方で、全国的な保険ショップ・チェーンを展開したり、通販型の保険会社を設立したりと、時代の流れを踏まえた戦略を展開しています。

そうした戦略の一環で、メディケア生命は平成21年に設立されました。

会社としての歴史は浅いし、知名度もまだまだですが、経営基盤はしっかりとしています。保険会社としての経験値も高いです。

ソルベンシー・マージン比率と格付け

メディケア生命のソルベンシー・マージン比率と格付けは、以下のようになっています。

ソルベンシー・マージン比率・・・3,863.6%(2016年3月)
格付け・・・A+(R&I)

ソルベンシー・マージン比率は、きわめて高いレベルです。格付けも、安心できる水準にあります。


メディケア生命『メディフィットA』と比較していただきたい医療保険です。

『メディフィットA』に興味をお持ちの方に、あわせて検討していただきたい医療保険を、いくつかご案内します。

以下の商品は、いずれも充実した保障が魅力で、経営基盤がしっかりしています。

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』

アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』は、もっとも売れている医療保険です。

主契約を手厚くしている点は『メディフィットA』と似ています。

『メディフィットA』は、3大疾病や7大生活習慣病への手厚さが特色です。
一方のアフラックは、5日未満の短期入院に手厚い保障が、主契約に組み込まれています。

それぞれ特徴があるので、何を重視するかによって、選択は変わってきそうです。

アフラックは外資系ですが、日本国内の第三分野の保険(医療保険、がん保険、傷害保険)の売り上げは長らく首位を走っています。日本国内にしっかりと根付いた名門企業です。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命『新・健康のお守り』

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険は、豊富な特約に加えて、主契約でも微調整がいろいろとできます。

シンプルな保障から充実保障まで、設計の自由度の高さでは、『メディフィットA』より勝っています。

ただし、20~30代で、必要最小限の保障を、安い保険料で確保したい、というニーズには合いません。

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』

東京海上日動あんしん生命『メディカルKit NEO』も、上の『新・健康のお守り』と同様に、シンプルな保障から充実保障まで、幅広い設計が可能です。

ただし、『メディカルKit NEO』の方がより大胆な仕組みになっています。主契約だけなら『メディフィットA』よりシンプルかつ安価です。一方、それぞれの特約は、『メディフィットA』よりも踏み込んだ手厚い保障になっています。と言うか、業界トップクラスの手厚さです。

主契約と特約を組み合わせたときに、どちらがオトクに感じられるかは、実際に見積もりを比較しないとわかりません。


専門家に相談しながら、主要な医療保険の見積もりを実際に比較できるのは、保険ショップです。

医療保険にいったん加入したら、数十年にわたって継続する可能性があります。それだけに選択を誤ったら損害は大きくなります。納得して選んでいただきたいです。

医療保険を検討するときは、家計や公的制度や税金や医療などの知識が必要になります。専門家を使って疑問を解消しながら、おもな商品の見積もりを比較して、もっとも自分に合ったものを選びたいです。

また、保険を販売する人たち(保険会社のセールス、金融機関の窓口、保険ショップ、FP、保険代理店・・・)は、こちらの希望をはっきり表明しないと、販売手数料の高い商品を勧めてきます。
勧められるがままに加入するのではなく、見積もりを比較して、ご自分にとってベストな商品を選んでください。

保険ショップをお勧めするのは、取り扱える商品数の多さゆえ

全国チェーンの保険ショップをお勧めする理由は、単純明快です。

お勧めできるすべての医療保険を、一つの店舗で取り扱っています。お近くの店舗に行けば、お勧めの医療保険の見積もりを、一気に比較できます。

保険ショップと一口に言っても、チェーンによって、取り扱うことのできる保険会社数は異なります。
でも、このサイトでお勧めしている医療保険を、すべてのチェーンが取り扱っています。
ということは、予約して訪問すれば、見積書を一通り入手できます。保険ショップ以外では、こうはいきません。

お近くの全国チェーンの保険ショップをご存知でしょうか。
下をクリック(タップ)すると、主な全国チェーンの保険ショップを検索し、予約の申し込みもできます。約30秒でできます。もちろん無料です。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。