朝日生命『スマイルセブン』のような、重病のときに、まとまった金額の一時金が出る保険が、増えています。

『スマイルセブン』は、七大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患)と診断されたり、治療を始めたら、まとまった金額の一時金が出る保険です。

朝日生命に限らず、多くの保険会社が、医療保険とは別に、一時金が出るタイプの保険を発売しています。一般的な医療保険では不十分なのでしょうか?

一般的な医療保険は入院メインの保険

ほとんどの保険会社が医療保険を販売しています。保障内容は商品によって差がありますが、そのほとんどは入院をメインとする保険です。

通院と入院を比べると、短い期間にまとまった出費になりやすいのは入院です。
治療費の支払いに不安があるとしても、入院が必要なくらいに悪化しているなら、治療を受けないわけにはいきません。

そう考えると、医療保険が入院をメインとしているのは、理にかなっています。

もっとも、医療技術の進歩にともない、七大疾病のような重い病気でも、通院で治療を受ける可能性が高くなっています。

入院患者数より、通院患者数の方が多い

厚生労働省『患者調査』(平成26年)をもとに、七大疾病の入院患者数と外来患者数(=通院の患者数)を比べました。

病名 入院患者数 外来患者数
がん 129,400人 171,400人
糖尿病 20,900人 222,300人
高血圧性疾患 6,400人 671,400人
心疾患 59,900人 133,900人
脳血管疾患 159,400人 94,000人
肝疾患 8,000人 32,600人
慢性腎不全 24,100人 107,300人

脳血管疾患を除くと、通院患者数の方が多くなっています。
検診が普及して早期の段階で病気が見つかりやすくなっていること、医療技術の進歩により通院での治療が可能になったこと、などがその理由でしょう。

中でも、日本人の2人に1人がかかるとされるがんは、この10年くらいで、急速に通院患者数が増加しています。
下のグラフは、平成17~26年にかけての、入院患者数と通院患者数の移り変わりです(厚生労働省『患者調査』平成26年より)。

平成17~26年にかけての、がんの入院患者数と通院患者数の移り変わり

平成17年の時点では、入院患者数の方が上回っていました。その後の約10年でがんの治療は大きく様変わりしています。

通院特約は増えているが、制限が多い

上のような時代の変化を受けて、通院特約を持つ医療保険が増えてきました。しかし、通院特約中身を見ると、制限事項が多くて、実用性は低そうです。

たとえば、もっとも売れている医療保険、アフラック『ちゃんと応える医療保険EVER』の通院特約では、以下のどれかに当てはまる通院しか、給付金が出ません。

  • 入院前の60日間の通院。
  • 退院後の120日間の通院
  • 上の期間中で、30日を超える通院は、対象外。

つまり、入院の前後の半年間の通院しか、保障してもらえません。
アフラックの医療保険に限らず、他社でも同じような制限が設けられています。

入院と違って、通院の中には、治療に必要ではない気休めや、心配のし過ぎによるものあります。保険会社は、治療に不可欠な通院と、そうでない通院を区別できません。そのため、通院の保障には後ろ向きです。

その結果、多くの医療保険で、通院保障の充実が課題になっています。
解決策の一つが、一時金が出る保険です。


朝日生命『スマイルセブン』のような、まとまった金額の一時金が出る保険のメリット、デメリット、注意点を説明します。

がんのような病気の場合、つまり、通院で治療を受ける可能性が高くて、一生付き合わなければならない病気の場合、一時金が出る保険のメリットはとても大きいです。

まとまったお金が早く出るから、臨機応変に使える

朝日生命『スマイルセブン』だと、がんの診断が確定したら、その時点で保険会社に一時金を請求することができます。

診断の確定で一時金を請求できるということは、治療が始まる前に、お金を受け取ることも可能です。
入院するにせよ、通院で治療するにせよ、受け取ったお金を臨機応変に使うことができます。

また、一時金の金額を、100万円以上のある程度大きな金額に設定しておけば、一時金だけで治療費をまかなえてしまうかもしれません。

ちなみに、一時金は2年に1回が限度ですが、回数無制限で受け取ることができます。ということは、病気が再発しても、再び一時金をもらうことができます。

診断確定で一時金が出るのは、実質がんだけ

ここまでは、がんを前提に、診断一時金(診断の確定で一時金が出る)の魅力を説明しました。
がん以外の6つの病気でも、同じような保障を受けられるなら、かなり値打ちのある保険です。しかし、残念ながら、そこまで便利にはなっていません。

7つの病気によって、一時金が出る条件は異なります。
朝日生命『スマイルセブン』の、一時金が出る条件を、病気ごとに整理しました。

病気 一時金が出る条件
がん がんの診断が確定すること(上皮内がんを含む)。
急性心筋梗塞・拡張型心筋症 入院するか、手術を受けること。
脳卒中・脳動脈瘤
  • 脳卒中・脳動脈瘤で入院または手術。
  • 脳動脈瘤で破裂と診断される。
慢性腎不全
  • 永続的な人工透析療法
  • 腎移植手術
肝硬変
  • 食道静脈瘤が破裂と診断
  • 食道静脈瘤の手術
  • 肝移植手術
糖尿病
  • 糖尿病性網膜症の手術
  • 糖尿病性壊疽のための切断術
高血圧性疾患
  • 大動脈瘤等の破裂と診断
  • 大動脈瘤等の手術

がんは、診断の確定だけで一時金を請求できます。しかも、費用がさほどかからない(数万円で治ることもあります)上皮内がんでも、一時金を請求できます。間口が広いです。

これに比べると、他の病気の条件は、厳しいです。ほとんどの病気で、入院するか手術を受けないと、一時金は出ません。しかも、むつかしい手術が多いです。

また、条件が「診断」となっているのは、脳動脈瘤で破裂とか大動脈瘤等の破裂とか、危険な病状です。

がんとそれ以外の病気とでは、扱いにけっこう差がある、ということを頭に置いておきたいです。

一時金は、足りないかもしれないし、余るかもしれない

『スマイルセプン』で、早く一時金をもらえるのは、一時金の金額が、保険に加入する時点で決まっているからです。症状や治療に左右されないからです。
他社の同じタイプの商品でも、仕組みは同様です。

このことは、一時金の保険の弱点にもなります。一時金の金額が、病気の症状や治療方法や治療期間に連動していないので、足りなくなったり、余ったりします。

余るのは良いとしても、足りなくなるのは困ります。
朝日生命『スマイルセブン』のような一時金の保険を検討するときは、足りなくなる対策を考えなければなりません。

2パターンの対策が考えられます。以下で説明します。


一時金の金額をある程度大きくするか、医療保険と組み合わせて加入するのが、現実的です。

がんの対策に限って朝日生命『スマイルセブン』を見ると、けっこう力強く見えます。
しかし、がん以外の6つの病気のことを考え始めると、『スマイルセブン』だけでは不安を感じます。

がん以外は、病状が悪化しないと一時金は出ない

上の一時金が支払われる条件を見る限り、がん以外の6つの病気では、かなり重症化しないと、一時金は出ないようです。

たとえば、肝硬変になる前に、B型とかC型の肝炎の治療を受けても、朝日生命『スマイルセブン』からは1円も出ません。

ちなみに、肝炎の治療は通院でできますが、インターフェロン治療などでは、高額な薬を使うことがあり、費用負担はそれなりに大きくなるようです。

病気によっては、保障される範囲が狭い

がんなら、治療費用がさほどかからない上皮内がんでも、一時金が出ます。かなり手厚いです。

しかし、心疾患だと、一時金の対象になるのは、急性心筋梗塞と拡張型心筋症の2つに限定されています。
心疾患にはいくつか種類があって、この2つはその一部分です。

心疾患は、日本人の死因では、がんに次ぐ2位です。心疾患の種類別の死亡者数を、ご覧いただきます。
グラフは、厚生労働省『人口動態統計(確定数)の概況』(2015)からの引用です。

心疾患の種類別の死亡者数グラフ

棒の色が青いのが、一時金の対象となる急性心筋梗塞と拡張型心筋症です。赤い棒は、死に至るような重い心疾患なのに、保障の対象外です。

上の一時金の支払い条件を見ると、がんを除く6疾病すべてに、これと同じような限定があります。

別の方法で、医療費用を準備しなければならない

朝日生命は、『スマイルセブン』について、"がんをはじめとする7大疾病にまとまった一時金で備える"と広告していますが、がん以外の6疾病についてはかなり制限が設けられています。

七大生活習慣病のどれかにかかって、治療に着手しても、『スマイルセブン』からお金が出ないことがたまにある、ということを頭に置きたいです。

このように書くと、朝日生命『スマイルセブン』は、欠陥商品のように思えるかもしれません。
しかし、他社の同じタイプの商品も、同様の制約が設けられています。『スマイルセブン』が特別というわけではありません。

むしろ、他社商品と比較すると、朝日生命『スマイルセブン』は、一時金が出るタイプの保険の中で、保障が手厚い商品である、ということができます。

以下でご説明します。


朝日生命『スマイルセブン』に関心をお持ちの方に、ぜひ比較してほしい競合商品をご案内します。

他の保険会社も、『スマイルセブン』のような、三大疾病や七大生活習慣病のときに、一時金が出る保険商品を販売しています。

その中から、保障内容や保険料設定の面で、『スマイルセブン』と比較していただきたいものを、ご案内します。

オリックス生命『特定疾病保障保険ウィズ』

オリックス生命『特定疾病保障保険ウィズ』は、対象の病気やお金が出る回数を絞り込むかわりに、一時金の金額を大きくしているのが特徴です。

オリックス生命『特定疾病保障保険ウィズ』と朝日生命『スマイルセブン』の、大きな違いを、下表にまとめました。

保障される病気
特定疾病保障保険ウィズ
  • がん(上皮内がんを含まない)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
スマイルセブン
  • がん(上皮内がんを含む)
  • 急性心筋梗塞・拡張型心筋症
  • 脳卒中・脳動脈瘤
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変
  • 重度の糖尿病
  • 重度の高血圧性疾患
一時金の回数制限
特定疾病保障保険ウィズ 1回お金がでたら、保険は消滅。
スマイルセブン 2年に1回で回数無制限。
一時金の金額
特定疾病保障保険ウィズ 100~2,000万円
スマイルセブン 30~500万円

オリックス生命『特定疾病保障保険ウィズ』は、対象を三大疾病に絞っていますし、三大疾病の一つ一つを見ても、朝日生命『スマイルセブン』よりちょっとずつ薄くなっています。

また、『特定疾病保障保険ウィズ』は、原因が何であれ、1回保険金がでたら、消滅してしまいます。
病気の再発などを見越して、一時金の金額を、できるだけ大きくしておきたいです。そして、それが出来るようになっています。

チューリッヒ生命『3大疾病保険プレミアム』

チューリッヒ生命『3大疾病保険プレミアム』は、名前の通り三大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)を対象としています。その点では、オリックス生命『特定疾病保障保険ウィズ』に近いのですが、保障の仕組みはかなり違います。

というか、チューリッヒ生命『3大疾病保険プレミアム』はそうとうに変な保険です。3大疾病保険と名付けながら、主契約はがんの給付金だけ。3大疾病特約を付けて、やっと一人前になります。

ただし、特約は豊富で、三大疾病の対策だけなら、医療保険は無くとも、この商品だけで間に合いそうです。

チューリッヒ生命『3大疾病保険プレミアム』と朝日生命『スマイルセブン』の、大きな違いを、下表にまとめました。
ただし、『3大疾病保険プレミアム』には、3大疾病特約を付加しています。

保障される病気
3大疾病保険プレミアム
  • がん(上皮内がんを含む)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
スマイルセブン
  • がん(上皮内がんを含む)
  • 急性心筋梗塞・拡張型心筋症
  • 脳卒中・脳動脈瘤
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変
  • 重度の糖尿病
  • 重度の高血圧性疾患
一時金の回数制限
3大疾病保険プレミアム 2年に1回で回数無制限。
スマイルセブン 2年に1回で回数無制限。
一時金の金額
3大疾病保険プレミアム 50~100万円
スマイルセブン 30~500万円

チューリッヒ生命『3大疾病保険プレミアム』の方は、一時金の上限金額が控えめです。
そのかわりに、入院給付金、通院給付金、手術給付金など、一通りの保障が特約で準備されています。
つまり、『3大疾病保険プレミアム』は一時金中心ではありません。この点は『スマイルセブン』と違います。

なお、チューリッヒ生命『3大疾病保険プレミアム』には、わりとハッキリとし欠点があります。よく言えば個性的ですが、仕組みがわかりにくいです。

三井住友海上あいおい生命『&LIFE 特定疾病保障終身保険』

三井住友海上あいおい生命『&LIFE 特定疾病保障終身保険』は、オリックス生命『特定疾病保障保険ウィズ』に似たタイプの商品です。
対象の病気が三大疾病に絞り込まれて、一時金が支払われたら、保険は消滅します。

三井住友海上あいおい生命『&LIFE 特定疾病保障終身保険』と朝日生命『スマイルセブン』の、大きな違いを、下表にまとめました。

保障される病気
&LIFE 特定疾病保障終身保険
  • がん(上皮内がんを含まない)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
スマイルセブン
  • がん(上皮内がんを含む)
  • 急性心筋梗塞・拡張型心筋症
  • 脳卒中・脳動脈瘤
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変
  • 重度の糖尿病
  • 重度の高血圧性疾患
一時金の回数制限
&LIFE 特定疾病保障終身保険 1回お金がでたら、保険は消滅。
スマイルセブン 2年に1回で回数無制限。
一時金の金額
&LIFE 特定疾病保障終身保険 300~500万円
スマイルセブン 30~500万円

三井住友海上あいおい生命『&LIFE 特定疾病保障終身保険』は、対象を三大疾病に絞っていますし、三大疾病の一つ一つを見ても、朝日生命『スマイルセブン』よりちょっとずつ薄くなっています。

また、『&LIFE 特定疾病保障終身保険』は、原因が何であれ、1回保険金がでたら、消滅してしまいます。
病気の再発などを見越して、一時金の金額を、できるだけ大きくしておきたいです。一時金が300万円からとなっているのは、そのためでしょう。

メディケア生命『メディフィットPlus』

保障される病気の範囲の広さで、朝日生命『スマイルセブン』のライバルとなりうるのが、メディケア生命『メディフィットPlus』です。

メディケア生命『メディフィットPlus』と朝日生命『スマイルセブン』の、大きな違いを、下表にまとめました。

保障される病気
メディフィットPlus
  • がん(上皮内がんを含む)
  • 急性心筋梗塞・拡張型心筋症
  • 脳卒中・脳動脈瘤
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変
  • 慢性膵炎
  • 重度の糖尿病
  • 重度の高血圧性疾患
スマイルセブン
  • がん(上皮内がんを含む)
  • 急性心筋梗塞・拡張型心筋症
  • 脳卒中・脳動脈瘤
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変
  • 重度の糖尿病
  • 重度の高血圧性疾患
一時金の回数制限
メディフィットPlus 年1回。三大疾病回数無制限、その他は通算5回。
スマイルセブン 2年に1回で回数無制限。
一時金の金額
メディフィットPlus 30~100万円
スマイルセブン 30~500万円

メディケア生命『メディフィットPlus』は、朝日生命『スマイルセブン』の7疾病に慢性膵炎を加えた、8疾病を保障します。しかも、一時金の給付制限は年に1回です。

そのかわり、『メディフィットPlus』の通算の給付回数は、5つの病気で5回までとなっています。
朝日生命『スマイルセブン』はすべてが回数無制限なので、少々見劣りします。
とは言え、5回あれば、たいていは間に合いそうです。

メディケア生命『メディフィットPlus』は、一時金の上限が100万円と、低めの設定になっています。
ただし、一度かかると治りにくい病気(慢性腎不全、慢性膵炎、肝硬変など)は、1回しか一時金を受け取らない可能性が高いわけで、上限100万円というのは、物足りません。

がんなどの再発が心配な病気の場合は、年1回かつ回数無制限に一時金が出るので、十分に対処できそうです。

大手生保の同じタイプの商品は、保険料が割高

日本生命、明治安田生命、第一生命、住友生命などの大手生保も、同じタイプの商品を販売していますが、保険料が割高なので、お勧めしません。

日本生命『みらいのカタチ 3大疾病保障保険』と、保障内容が近いオリックス生命『特定疾病保障保険ウィズ』とで、見積もり条件をそろえて、保険料を比較します。

30歳の男女が、一時金(保険金)1,000万円、終身保障、保険料払込60歳まで、という設定で加入するときの、月々の保険料です。

男性 女性
日本生命 32,510円 32,600円
オリックス生命 24,780円 24,250円

一時金が1,000万円という大型保障なので、どちらも保険料は高くなっています。でも、両者の保険料を比べると、その差は歴然としています。

日本生命のような国内大手は、従業員(営業職員)による直接販売をしているため、経営コストが大きくなります。その分、保険料も割高になります。


医療保険にも、三大疾病や七大疾病で、一時金が出る特約があります。

朝日生命『スマイルセブン』と一般的な医療保険との、同時加入をご検討なら、別の方法があります。それも検討してください。

たとえば、『スマイルセブン』と同じスマイルシリーズには、『スマイルメディカル』という医療保険があります。

この医療保険には、7大疾病初回一時金特約があります。
名称のとおり、1回しか一時金は出ませんが、最大500万円まで指定できます。

この特約は、機能面では『スマイルセブン』より劣ります。ただ、もともとシンプルな保障をお望みであれば、こういう特約を利用することもできます。
他社の医療保険でも、大半には、このような特約が用意されています。

特約にすることのメリットは、加入するときも、お金の支払いを保険会社に請求するときも、手続きが楽になります。
デメリットは、保障内容にこだわりたい人にとっては、選択の幅が狭まってしまうことです。


医療関係の保険にいったん加入したら、数十年にわたって継続する可能性があります。それだけに選択を誤ったら損害は大きくなります。納得して選んでいただきたいです。

こうした保険を検討するときは、家計や公的制度や税金や医療などの知識が必要になります。専門家を使って疑問を解消しながら、おもな商品の見積もりを比較して、もっとも自分に合ったものを選びたいです。

また、保険を販売する人たち(保険会社のセールス、金融機関の窓口、保険ショップ、FP、保険代理店・・・)は、こちらの希望をはっきり表明しないと、販売手数料の高い商品を勧めてきます。
勧められるがままに加入するのではなく、見積もりを比較して、ご自分にとってベストな商品を選んでください。

保険ショップをお勧めするのは、取り扱える商品数の多さゆえ

全国チェーンの保険ショップをお勧めする理由は、単純明快です。

お勧めできるすべての医療保険を、一つの店舗で取り扱っています。お近くの店舗に行けば、お勧めの医療保険の見積もりを、一気に比較できます。

保険ショップと一口に言っても、チェーンによって、取り扱うことのできる保険会社数は異なります。
でも、このサイトでお勧めしている医療保険を、すべてのチェーンが取り扱っています。
ということは、予約して訪問すれば、見積書を一通り入手できます。保険ショップ以外では、こうはいきません。

お近くの全国チェーンの保険ショップをご存知でしょうか。
下をクリック(タップ)すると、主な全国チェーンの保険ショップを検索し、予約の申し込みもできます。約30秒でできます。もちろん無料です。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。