入院中心に考えると、医療保険は基本保障だけで十分。でも、重大な病気に、通院治療で取り組む患者数は増えています。

わたしの考えは『合理的な医療保険の入り方』に書いたとおりです。入院費用に限って考えると、保障内容は最小限度で十分と考えます。

ただし、それは入院費用に限ってのことです。
昔は、重大な病気=入院でした。だから、医療保険は入院保障をメインにしています。
現在でも、その傾向は変わりませんが、医療技術の進歩によって、三大疾病や七大生活習慣病ですら、通院で治療に取り組む人が多くなっています。

厚生労働省『患者調査』(平成26年)をもとに、七大生活習慣病の入院患者数と外来患者数(=通院の患者数)を比べてみました。

病名 入院患者数 外来患者数
がん 129,400人 171,400人
糖尿病 20,900人 222,300人
高血圧性疾患 6,400人 671,400人
心疾患 59,900人 133,900人
脳血管疾患 159,400人 94,000人
肝疾患 8,000人 32,600人
慢性腎不全 24,100人 107,300人

入院の前後に通院するでしょうから、外来患者数の方が多いことは想定できます。しかし、それだけでは説明できないくらいに、通院患者数は多くなっています。

通院による治療であれば、治療費がまとまって一気に出て行く危険性は、入院するより低いでしょう。
とは言え、いずれも一生の付き合いになるかもしれない病気です。通算するとそれなりの金額になるでしょう。

こういう患者にとっては、医療保険の基本保障(必須の保障)だけでは心細いはず。


医療保険を手厚くする方法はいくつかあります。オススメは、入院給付金の日額アップと、一時金の充実です。

医療保険の保障を手厚くする方法は、大きく4つの方向に分かれます。
メリット、デメリットを含めて、以下に整理しました。

オススメ度 メリット・デメリット
入院給付金日額を増やす   一部の個人向け医療保険では、日額15,000円に増やせます。法人・事業主専用の医療保険なら、もっと厚くできます。
保険料には、大きく影響します。
1入院あたりの保障日数をのばす 標準は60日までですが、医療保険によっては120日、180日など、より長い期間にできます。保険料はやや上がります。
入院日数短縮化が確実に進んでいるので、あまり役に立たないかも。
入院以外の費用にも使えるように    一時金(診断給付金、入院給付金、手術給付金等)が出る保障と、通院給付金が出る保障があります。
ただし、医療保険の通院給付金は、使える場面が限られるので、あまり期待できません。
がん、三大疾病、七大生活習慣病を手厚く   既存の医療保険の中で、手厚くする方法は、「保障される入院日数をのばす」「一時金が出るようにする」「保険料免除にする」の3通りが主流です。「保障される入院日数をのばす」以外の2つをオススメします。

『医療保険を必要最低限におさえたい理由』に書きましたが、ほとんどの病気で入院日数短縮化が進み、三大疾病ですら、通院治療する患者の割合は大きくなっています。
こうした流れを考え合わせると、手厚くする方法としてオススメしたいのは、次の2つです。

  • 入院給付金日額を増やす。
  • 一時金(診断給付金、手術給付金、入院給付金等)を充実させる。

なお、ここで取り上げていない先進医療給付金については、『先進医療で保険会社の誠意をチェック』をご覧ください。


入院給付金日額を15,000円に増やすなら、オススメするのは2つの医療保険です。

入院費用をまかなうだけなら、入院給付金日額10,000円で事足ります。

健康保険など公的医療保険には、高額療養費制度があります。この制度では、1ヶ月あたりの自己負担額に、上限が設けられています。
平均的な年収の人であれば、1ヶ月あたりの自己負担額は、たいていは9万円未満におさまります。
入院給付金日額10,000円でも、退院後に手元にお金が残る可能性は、けっこう高いです。

入院給付金日額を15,000円にできれば、退院後に手元に残る金額はより大きくなります。そうした余裕資金を、退院後の通院や薬の費用などに当てることができます。

ただし、入院給付金は医療保険の中心なので、この金額を大きくすると、保険料に大きく影響します。
できるだけ保険料をおさえるために、もともとの価格設定が割安な医療保険を選びたいです。

というわけで、オススメできるのは、以下の医療保険です。

FWD富士生命
『さいふにやさしい医療保険』
入院給付金日額を3,000~15,000円の範囲で指定できます。
手術給付金も付けてください。他の医療保険は、手術給付金は標準装備になっていますが、この医療保険は付け外しを選べるようになっています。
なお、この医療保険には、一時金が出る特約は用意されていません。
ライフネット生命
『新じぶんへの保険』
入院給付金日額を5,000~15,000円の範囲で指定できます。
他に、一時金が出る特約として、がん治療給付金があります。

一時金(診断給付金、手術給付金、入院給付金等)を充実させるなら、以下の医療保険を検討対象に加えてください。

入院給付金(入院日数に応じて出る給付金)を受け取ることができるのは、原則として退院後です。

一時金であれば、診断確定、入院、手術などのタイミングで給付金を請求できます(どのタイミングかは、医療保険によって異なります)。スピーディーに手続きすれば、退院前にお金が手元にくるかもしれません。

一時金の金額はあらかじめ決められています。治療の難しさや長さに対応できる柔軟さはありません。
ただし、決まった金額が早いタイミングで手元にくるので、今後の見通しを立てやすくなります。

一時金がもらえる給付金にも、いくつか種類がある

一時金がもらえる給付金にもいくつか種類があります。
大きく図の3つのタイプに分かれます。すっきりと3つに分けられるのではなく、からみあっています。

診断給付金は、診断が確定したら給付金を請求できます。特定の病気のときしかお金は出ませんが、当てはまったときは、給付金が出やすく、出るタイミングは早いです。

三大疾病の手術給付金入院給付金は、三大疾病にかかるだけでは、お金は出ません。かかった上に、入院したり、手術を受けなければお金は出ません。
さらに、入院給付金の場合は、入院日数が条件になっていることがあります(20日以上、60日以上など)。

お金が出る条件がゆるやかなほど、使い勝手はいいですが、そのぶん保険料は高くなります。
バランスをみながら、決断することになります。

手術給付金が高い医療保険を選ぶ

最もよく目にする一時金は、手術給付金です。これは、ほとんどの医療保険の、基本保障に入っています。
ただし、給付金の金額は医療保険によって異なります。金額の大きな医療保険を探すことになります。

標準的なのは、入院給付金日額の5日分とか10日分です。日額10,000円なら、50,000~100,000円になります。
多くなると、20日分出る医療保険があります。あるいは、重大な手術(開頭、開胸、開腹手術など)のときに限って、40日分出る医療保険もあります。

手術給付金が厚くて、そのわりに保険料が手頃な医療保険を、以下にご案内します。

オリックス生命
『新CURE(キュア)』
手術給付金は、標準で、入院給付金日額の20倍。
メットライフ生命
『フレキシィ(シンプルタイプ)』
手術給付金は、標準で、入院給付金日額の20倍。
アフラック
『ちゃんと応える医療保険EVER』
手術給付金は、手術の重さに応じて、入院給付金日額の10倍、20倍、40倍の三段階。

手術給付金の長所は、利用しやすさ。手術を受ければ請求できます。病気の種類や入院の有無に関係なく。また、退院前であっても、請求できます。

三大疾病で一時金が出る、オススメの医療保険

さらに、特約を付けて保障を充実させるなら、保険料の負担を考えると、三大成人病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)による一時金が、現実的でしょう。
というか、七大生活習慣病で一時金をもらいたくても、そういう特約を用意している医療保険はほとんどありせんし・・・

三大疾病で一時金が出る特約は、ほとんどの医療保険で用意されています。
この特約だけに限って、良し悪しを検討すると、下表以外に気になるものはあります。とは言え、一時金の特約を含めた、医療保険全体としてのバランスの良さと、保険料の手頃さで、以下の医療保険をオススメします。

オリックス生命
『新CURE(キュア)』
三大疾病のうち、がんは診断確定で、急性心筋梗塞脳卒中は入院で、一時金が出ます。
メットライフ生命
『フレキシィ(シンプルタイプ)』
三大疾病のうち、がんは診断確定で、急性心筋梗塞脳卒中は手術もしくは20日以上の入院で、一時金が出ます。
アフラック
『ちゃんと応える医療保険EVER』
三大疾病のうち、がんは診断確定で、急性心筋梗塞脳卒中は手術もしくは20日以上の入院で、一時金が出ます。
チューリッヒ生命
『終身医療保険プレミアムDX』
三大疾病のうち、がん急性心筋梗塞脳卒中のいずれでも、診断確定すると保険金が出ます。

表の中では、3つの病気とも診断給付金としているチューリッヒ生命『終身医療保険プレミアムDX』が、使い勝手は一番です。
ただし、この特約を付けることによる保険料の上がり幅は大きいです。

他の3つの医療保険は、急性心筋梗塞と脳卒中では入院または手術が条件になりますが、そのぶん保険料の上がり幅は小さいです。

比較検討して、納得の上で選んでください。


オススメの医療保険の保険料の差はわずか。年齢、性別、特約で優劣は入れかわります。見積もりをとって比較しましょう。

厳選したつもりですが、もととなる商品数が多いこともあって、上で名前をあげた医療保険の数は、予想より多くなってしまいました。

しかも、オススメの医療保険は、保険料が接近しています。安さの優劣は、年齢、性別、特約付加などによって入れかわります。

候補となる商品数が多く、価格差が小さいとなると、個人が見積もりを集めてしっかり比較するのは大変です。
しかし、いったん加入したら、一生かかわることになるかもしれない医療保険です。テキトーな選び方はできません。

医療保険に加入する方法はいくつかありますが、全国チェーンの保険ショップを利用するのが、現状での選択肢の中では、ベストでしょう。

保険ショップをお勧めするのは、取り扱える商品数の多さゆえ

全国チェーンの保険ショップをお勧めする理由は、単純明快です。

お勧めできるすべての医療保険を、一つの店舗で取り扱っています。お近くの店舗に行けば、お勧めの医療保険の見積もりを、一気に比較できます。

保険ショップと一口に言っても、チェーンによって、取り扱うことのできる保険会社数は異なります。
でも、このサイトでお勧めしている医療保険を、すべてのチェーンが取り扱っています。
ということは、予約して訪問すれば、見積書を一通り入手できます。保険ショップ以外では、こうはいきません。

お近くの全国チェーンの保険ショップをご存知でしょうか。
下をクリック(タップ)すると、主な全国チェーンの保険ショップを検索し、予約の申し込みもできます。約30秒でできます。もちろん無料です。

 ご注意

統計データや保険の商品内容については、慎重に扱っていますが、古くなっていたり、誤りがあるかもしれません。保険の専門家に相談した上で、最終的に判断を下してください。